耐震診断内容

耐震診断

HOME > 耐震診断:耐震診断内容

耐震診断のカテゴリーを選んでください。

耐震診断内容


当社所属の京都市木造住宅派遣耐震診断士が、所定のヒヤリングシートに沿って、壁の状態や筋交いの有無、実際に補強が出来るのかといったチェック、診断を行います。
所要時間は、建物の状態によっても変動しますが、約2時間〜3時間程度の予定です。

@外周の調査

平面図がなかった場合、お住まいの間取りを平面図にしていきます。それを元に必要箇所の調査がスタートします。
まず基礎に鉄筋が入っているか、また基礎や外壁にクラック(ひび割れ)がないか外周の調査をしていきます。

A内部の調査

次は建物内部の調査です。
まずは天井裏にあがって補強金物や筋交いの有無を調査します。

B床下の調査

床下では、土台の含水率や蟻害・水漏れなどによる老朽度を調査します。

C各部屋の調査

各部屋の仕上げ、下地を確認して、柱や床の傾きを測定器で調査します。

上記耐震診断に引き続き,耐震診断士である当社が定額2万円の御負担で耐震改修計画を作成します。

前のページに戻る

ページの先頭へ