耐震診断とは

耐震診断

HOME > 耐震診断:耐震診断とは

耐震診断のカテゴリーを選んでください。

耐震診断の必要性

耐震診断とは来るべき大地震に対して、建物が安全かどうかを調査することです。


阪神・淡路大震災では 10 万棟以上の建物が倒壊し、 6 千名以上の犠牲者が出ました。その犠牲者のほとんどが倒れた建物の下敷きになって亡くなられています。
阪神・淡路地区では、新耐震基準以前に建てられた旧建築基準法による建物の中には耐震性能が不足しているものが多数あったために被害が拡大してしまいました。
阪神・淡路大震災ははじめ、過去に起きた大きな地震災害を経て建築基準法や各種設計基準は、見直され、改定されてきました。
建築基準法は昭和 56 年( 1981 年)に改定され現行の新耐震設計法になっており、それ以前に旧基準で建てられた建物は現行基準に比べて耐震性能が劣ります。
我が家の安心、安全を守るために、1度、耐震診断をされることをおすすめします。

耐震診断のメリット

・診断結果から、耐震性能を知っていただくことが出来ます
・京都市木造住宅派遣耐震診断士が建物のチェックを行うので安心できる
・問題の早期発見と対処ができ、結果的にコストが割安になる
・診断後の問題や相談にもアフターフォローで対応します
・建物の状況や結果がすぐ分かり、その後の耐震改修計画の作成を実施します

耐震性が低いと思われる建物

木造住宅の場合の例C 造 ( 鉄筋コンクリート造 ) 建物の場合の例
・平面形状が複雑である(長方形でない)
・壁(構造壁)の配置バランスが悪い
・大きな吹き抜けがある
・屋根が重い(瓦葺き)
・一階に駐車場(ピロテイー)などがある
・地盤が悪い
・昭和 56 年5月31日以前に建てられた
・平面形状が複雑である
・耐震壁の配置バランスが悪い
・短柱あるいは極短柱がある
・一階にピロテイーがある
・大きな吹き抜けがある
・地盤が悪い、液状化の恐れがある
・昭和 56 年5月31日以前に建てられた

京都市では、木造住宅耐震診断士派遣事業を行っております。

地震から市民の皆様の命と財産、そして京都のまちを守るためには、木造住宅の耐震化が急務です。京都市では、木造住宅の耐震化を加速的に進めるため、耐震化を支援する様々な事業を行っています。
本事業では、耐震化の「第1ステップ」として、まずはおすまいの耐震性能を知っていただくことを目的に,京都市に登録された耐震診断の専門家を御自宅に派遣し、耐震診断や耐震改修計画の作成を実施します。

制度の特徴
・平成28年度は,耐震診断が無料です!
 通常2,000円を実費相当分として御負担いただきますが,平成28年度は無料とします。
・派遣された耐震診断士が耐震改修計画を作成!
 定額2万円の御負担で,耐震診断に引き続き,派遣された耐震診断士が耐震改修計画を作成します。おすまいの耐震改修の検討に向けた目安として是非御利用ください。
・はがき1枚で簡単にお申し込みいただけます!
 申込書をはがきとし,申込みの際の御負担を軽減します。

【28年度】木造住宅耐震診断士派遣事業についてはこちらから


当社は、京都市木造住宅派遣耐震診断士の登録を行っている会社です。
手続きなども代行させていただいておりますので、お気軽にご相談ください!

前のページに戻る

ページの先頭へ